メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

離脱条件、EU新合意案承認 英与野党、異論噴出

 欧州連合(EU)は17日にブリュッセルで首脳会議を開き、英国のEUからの離脱条件を定めた新たな合意案を承認した。今月31日の離脱期限ぎりぎりで政治合意にこぎつけたが、19日の英議会承認という最後のハードルが残る。与野党からは既に新たな合意案への異論が噴出している。

 ジョンソン英首相はEUが合意案を承認した直後の記者会見で、「我々の将来は我々が決めることができる。金、国境、法律を私たちの手に取り戻す」と述べ、19日に採決を控える下院で過半数の賛成を得ることを「確信している」と述べた。

 ただ、下院での採決の行方は予断を許さない。与党・保守党と閣外協力する北アイルランドの右派地域政党「民主統一党」(DUP)は、新しい離脱条件に反対する声明を発表。最大野党・労働党のコービン党首も「メイ前首相の合意よりも悪い」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文877文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  4. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです