メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火が走ったまち1964-2020

長崎・諫早 平和な日々かみしめ

干拓地のシュロの並木道を長崎市へ向かう聖火(後方は雲仙岳)=長崎県森山村(現・諫早市森山町)で1964年9月14日撮影

 熊本県から船で有明海を渡った聖火は、長崎県島原市の島原城で一晩を過ごし、1964年9月14日、長崎市にリレーされた。江戸時代のキリシタン弾圧や原爆投下の被害が語り継がれる長崎の人たちには、聖火は「平和の火」と映った。

 諫早市の自動車整備業、馬場和俊さん(72)は高校生だった17歳の時、島原半島の入り口に位置する森山村(現・諫早市森山町)の国道…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです