連載

食・FOOD

季節や年中行事をテーマにレシピをご紹介します。

連載一覧

食・FOOD

秋の味覚で体調整えよう

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
サバのショウガじょうゆからめ
サバのショウガじょうゆからめ

 <くらしナビ ライフスタイル>

 「秋の味覚」と言えばサンマが代表的だが、今年は不漁で高値が続いている。そんな中でも「脂が乗った魚を食べたい」と思う人は多いのでは。魚料理に定評がある料理研究家の田口成子さんに、手軽に手に入る秋サバをはじめ秋の味覚を楽しむ方法を教えてもらった。

 秋サバは「嫁に食わすな」と言われるほど脂が乗っていておいしい。「サバのショウガじょうゆがらめ」は、サバの身が白っぽくなり、硬さが出てきたら焼き上がりのサインだ。調味料や薬味を合わせ、炒めたシイタケとシメジを盛ると、香ばしい香りが広がり、ボリュームも出る。「今時は、焼き魚だけだとおかずになりにくい」と田口さん。

 魚料理は、さばいたり骨を抜いたりする手間がかかるため、特に若い世代から敬遠されがちだが、スーパーなどには三枚におろしたものも売られている。秋サバはビタミンなどのほか、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)と呼ばれる脂肪酸も豊富に含まれる。心筋梗塞(こうそく)や脳卒中の予防にもつながるとされる。

この記事は有料記事です。

残り1553文字(全文2006文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集