山口組ナンバー2出所 警察、抗争激化を懸念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
JR品川駅で新幹線を待つ山口組のナンバー2、高山清司若頭=2019年10月18日撮影
JR品川駅で新幹線を待つ山口組のナンバー2、高山清司若頭=2019年10月18日撮影

 国内最大の指定暴力団・山口組(総本部・神戸市灘区)のナンバー2の若頭、高山清司受刑者(72)が18日、恐喝罪での服役を終え、東京都府中市の府中刑務所を出所した。5年前の収監後、山口組は神戸山口組など3団体に分裂して対立。10日には神戸山口組系組員2人が射殺され、山口組系組員が逮捕される事件が起きた。高山若頭は組織の立て直しを図るとみられ、警察当局は暴力団対策法に基…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文460文字)

あわせて読みたい

注目の特集