メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

即位礼 恩赦「復権」55万人、閣議決定 罰金刑の資格回復

 政府は18日、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」(22日)に伴い実施する恩赦の政令と特別基準を閣議決定した。対象となる刑や罪を一律に定めて救済する政令恩赦は「復権」のみとし、罰金刑の執行(罰金の納付)から3年が経過した推計55万人を対象に、刑により制限された資格を回復させる。22日の復権令施行とともに効力が生じる。

 国家の慶弔事に伴う恩赦は1993年6月の天皇、皇后両陛下の「結婚の儀」以来、26年ぶり。戦後13回…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  4. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです