メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー 東福岡高・荒木選手、J1鹿島へ 「世界」見据える屈指の技巧派MF

入団が内定した鹿島のユニホームに袖を通し、笑顔を見せる荒木選手

 世代屈指の技巧派MFが、Jリーグの常勝軍団に飛び込む。高校サッカーの強豪・東福岡高の荒木遼太郎選手(17)の鹿島アントラーズ入りが内定。福岡市内の同校で今月9日に記者会見し「ビッグクラブでプレーできることをうれしく思う。少しでも早く試合に出て、チームに貢献したい」と意気込んだ。

 熊本県山鹿市出身。ロアッソ熊本の下部組織から同校に進み「親元を離れて自立したい思いがあった」と振り返る。170センチ、64キロと細身ながら、正確なパスでチームを操る。年代別日本代表に名を連ね、昨年はU16(16歳以下)アジア選手権優勝を経験。今年は7月に左膝をいためて全国高校総体は欠場したが、技術の高さや得点力への評価は高く、複数のJクラ…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです