「金融政策に深刻なリスク」 G20、FBリブラ「規制」で一致 討議終え閉幕

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
G20財務相・中央銀行総裁会議に出席する麻生太郎財務相=18日、ロイター
G20財務相・中央銀行総裁会議に出席する麻生太郎財務相=18日、ロイター

 米ワシントンで開かれていた主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は18日、2日間の討議を終えて閉幕した。会合では、米フェイスブックが主導する仮想通貨(暗号資産)の「リブラ」について「金融政策や規制上の深刻なリスクを生む」と指摘し、厳格な規制が必要との認識で一致した。巨大IT企業などへの課税を強化する「デジタル課税」については、実現を全面的に支援することを改めて確認した。

 今回の会合では、会議終了後に仮想通貨とデジタル課税についての声明を発表した。仮想通貨については、リブラを念頭にマネーロンダリング(資金洗浄)や消費者・投資家保護に関する懸念を表明。「リスクはサービス開始前に吟味され、適切に対処される必要がある」と規制の必要性を明記した。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文851文字)

あわせて読みたい

注目の特集