武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
所々しか明かりのついていないタワーマンション(手前)=川崎市中原区で2019年10月18日、市村一夫撮影 拡大
所々しか明かりのついていないタワーマンション(手前)=川崎市中原区で2019年10月18日、市村一夫撮影

 台風19号の通過から19日で1週間。浸水被害が相次いだ川崎市中原区ではタワーマンションで配電設備が故障して停電し、今も復旧していないところもある。

 浸水件数が約720件と最も多かった中原区。武蔵小杉地区のタワーマンション(47階建て)で配電施設が浸水した。多くの階で停電が発生し、エレベーターや水道が使えない状態になった。市によると、東京電力が関係する設備は復旧したと連絡があったが、全館が復旧するめどは不明という。18日は玄関に電気設備業者などの車両が止まり、住民の出入りはほとんど見られなかった。【市村一夫】

あわせて読みたい

注目の特集