メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炭鉱跡「赤毛のアンの町」30年の歴史に幕 地元「踊らされた」 北海道

老朽化などが進み、閉園されることになったカナディアンワールド公園=北海道芦別市で2019年10月、渡部宏人撮影

 北海道芦別市のテーマパーク「カナディアンワールド公園」が20日、1990年7月の開園以来、約30年の歴史に幕を閉じる。開園時は30近くあった展示販売施設は現在、美術館など3、4カ所に激減しており、関係者は「閉園状態が長年続き、施設の老朽化が進んだため」と説明している。

 同公園は三井芦別炭鉱の閉山を控え、「炭鉱から観光のマチへ」をキャッチフレーズに開園。第三セクター「星の降る里芦別」が事業主体となって総工費52億5000万円を投じ、約46ヘクタールの敷地にカナダ人作家の小説「赤毛のアン」の世界を模した白い教会や学校などを再現した。

 2年目の91年(27万3000人)に年間入場者数のピークを記録したが、当初目標の60万人に届かなか…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  3. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  4. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです