メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重や千葉で朝から大雨 東日本・東北、再び浸水警戒

気象庁が入るビル=高添博之撮影

[PR]

 伊豆諸島付近から東北へ進む低気圧の影響で、東日本と東北の太平洋側では19日午前も、広い範囲で雨が降り続いている。夕方にかけて多いところで非常に激しい雨となる見込み。気象庁は台風19号の影響で地盤の緩んでいるところがあるとして、引き続き河川の氾濫や土砂災害、浸水に警戒するよう呼びかけている。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧が19日夜には三陸沖に進む見込み。山陰沖にも東北へ進む低気圧があり、19日夕方にかけて東日本と東北で大雨となるところがある。

 18日夜から19日朝にかけては、三重県や千葉県、伊豆諸島などの太平洋側で局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降った。千葉県では19日朝、1時間に横芝光町で約110ミリ、山武市と匝瑳市で約100ミリの記録的短時間大雨を観測した。

 同庁によると、20日午前6時までの24時間に予想される雨量は、静岡県で100ミリ、東北太平洋側、関東甲信地方、伊豆諸島で80ミリ、新潟県で70ミリ――などとなる見込み。【荒木涼子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「水が使えない」冠水で悲鳴 佐賀駅も水浸し 九州北部大雨被害広がる

  2. 米KFCで肉なし「フライドチキン」試験販売 購入の長い列

  3. 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  4. はなわさん自宅周辺も浸水 佐賀市在住 「命を守って!」と呼び掛け 

  5. 九州北部大雨で大雨特別警報 85万人に避難指示 佐賀・松浦川などが一時氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです