メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本初、ハラル食品の自販機設置 大分・高崎山おさる館

イスラム教徒も安心できるハラル対応の自動販売機=河慧琳撮影

[PR]

 豚肉や酒の飲食が禁止されたイスラム教徒が口にしても問題がないハラル認証を受けた食品の自動販売機が、大分市の高崎山おさる館に登場した。同館に無料で貸し出した一般社団法人ベジフード協会(大分市)によると、ハラル食品の自動販売機は日本初。イスラム圏からの訪日外国人が増えているのを受けた対応で、今後は県内の他の観光地などにも広げたい考えだ。【河慧琳】

 世界のイスラム教徒の人口は16億人とも言われ、日本政府観光局によると、2017年の訪日外国人約2800万人のうちマレーシアからが44万人、インドネシアからが35万人だった。県内でもイスラム圏からの観光客は年々増えており、東京五輪・パラリンピックを来年に控えてイスラム教徒の観光客も気軽に利用できる自動販売機を県内に設置しようと、ベジフード協会が新たに開発した。

 販売する食品は、レトルトカレーやカップ麺、スナック菓子など10種類で、マレーシアやインドネシア、インドなどで製造されている。いずれも豚肉やアルコールを使っておらず、値段は一つ当たり400~700円。10月中に商品を15種類まで増やし、県産の食材を使ったハラル食品の提供も視野に入れる。

 同協会の神田京子代表(45)は「イスラム教徒の方は、大分県内にぜひ足を運んで自販機を利用してもらいたい。ハラル食品は健康にもいいので、イスラム教徒ではなくても興味を持ったら、購入して現地の味を楽しんでほしい」と話した。

 同協会は、ハラル対応の自販機残り9台を保有しており、県内で無料での貸出先を募っている。問い合わせはメールで同協会(info@vegejapan.jp)へ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです