メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風19号 最大瞬間風速も記録更新 14地点で観測史上1位 最高潮位更新の地点も

 

[PR]

 記録的な大雨をもたらした台風19号は、強風や高潮などによる潮位も各地で観測記録を更新した。専門家は「最接近の時間がずれていれば、東京湾で深刻な高潮被害が出ていてもおかしくなかった」と指摘する。

 19号は7~10日にかけて中心気圧が915ヘクトパスカルと猛烈な強さを維持し、上陸直前まで「非常に強い」勢力を保った。気象庁によると10~13日に14地点で最大瞬間風速が観測史上1位を更新し、東京都江戸川区では12日午後9時過ぎに43・8メートルを観測した。また、横浜市中区では同午後8時半ごろに43・8メートル▽東京都千代田区で午後9時過ぎに41・5メートル――を観測した。

 強い台風の場合は高波や、気圧低下と強風による高潮被害が懸念される。気象庁によると、上陸と満潮を迎える時間が近接していた静岡県などで過去の最高潮位を更新。御前崎(静岡県)は満潮が12日午後4時56分で、上陸直前の同午後5時4分に最高潮位182センチを観測した。

 一方、東京湾は最接近の時間帯が干潮に重なり、大きな高潮被害を免れた。森信人・京都大防災研究所教授(沿岸災害学)によると、最接近した12日午後9時ごろの潮位は台風の影響がなかった場合と比べると160センチほど上昇していた。「満潮であれば、過去最高潮位(203センチ)を大きく超えていただろう。干潮に重なったことが幸いしたとしか言いようがない」と指摘する。【大場あい】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  4. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  5. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです