エレベーター付き貸し切りバス 車椅子で乗降可能 佐賀のバス会社が導入

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
導入されたエレベーター付きの貸し切りバス=山口響撮影
導入されたエレベーター付きの貸し切りバス=山口響撮影

 車椅子を使う障害者らの利用を想定したエレベーター付き貸し切りバスを佐賀県鹿島市のバス会社「祐徳自動車」が導入し、車両展示やエレベーター乗降体験などのイベントを17日に佐賀営業所(佐賀市)で開いた。階段を使うことなく乗降でき、同社は2020年の東京五輪・パラリンピックの観戦用などの運用も見据える。【山口響】

 導入したバスは三菱ふそう製1台。車椅子を載せた場合は35人乗りで、トランクスペースに幅80センチ、長さ130センチ、積載量230キロのエレベーターが備え付けられている。車椅子1台と介助者1人が乗り込める広さで、約60秒で客席に移動できる。リフト付きバスに比べ、乗降場所を選ばない▽雨風や人の目を気にしなくてよい――といった利点がある。

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文774文字)

あわせて読みたい

注目の特集