メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の王室 即位・戴冠式の様子は? 英国「国家と結婚」指輪/タイ「金色の輿パレード」

 天皇陛下が22日、皇居・宮殿で行われる「即位礼正殿の儀」で内外の約2000人を前に即位を宣言される。皇室と関係の深い王室の即位、戴冠式の様子は――。

 エリザベス女王(93)は1953年6月2日、戴冠式に臨んだ。ロンドンのウェストミンスター寺院で行われた約3時間の式典には、129カ国・地域の8251人が出席。昭和天皇の名代として、皇太子時代の上皇さまが参列された。

 女王は、法に従った統治や、英国国教会の維持・保護などを誓約。14世紀以降の歴代国王と同じ椅子に座り、国家との「結婚」を意味する指輪や、王権を象徴する「王しゃく」などの装飾品を身につけた。そして、国教会の聖職最高位であるカンタベリー大主教から王冠を頭に授けられた。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トルコ沖地震死者20人に ギリシャ・サモス島でも2人死亡 救助活動続く

  2. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. ORICON NEWS Kis-My-Ft2&SixTONES『チャリティ・ミュージックソン』メインパーソナリティに就任 ジャニーズ2組は史上初

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです