メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡・三保松原「塩害」拡大の恐れ 世界遺産の構成資産

高潮被害を受けた三保松原のマツ=静岡市清水区で2019年10月13日、静岡市提供

[PR]

 台風19号による高潮や強風で世界文化遺産・富士山の構成資産、三保松原(静岡市清水区)のマツ15本に根への浸食や幹折れの被害が発生した。県や市は今後、土壌の塩分濃度が高まることなどで植物が枯れる塩害被害が拡大する恐れがあるとみており、「危機感を持って対応する必要がある」としている。

高潮によって根が露出したマツ=静岡市清水区で2019年10月13日、静岡市提供

 三保松原は約7キロの海岸に約3万本のマツが生い茂る景勝地。江戸時代の浮世絵師、歌川広重の作品にも描かれた。

 市によると、15本の内訳は高潮被害9本、強風による被害6本。市は土の中の塩分濃度を薄めるため、散水を実施した。土が浸食されて露出した根を埋め戻すことも検討している。天女伝説で知られる「羽衣の松」や、神の通り道とされる松並木「神の道」に被害はなかった。

 市は塩害でマツが枯れる被害が、今後2年程度続く可能性があり、引き続き注意が必要としている。三保松原は台風による塩害で、2017年度に約200本のマツが枯れた例があるという。

 「三保松原保全実行委員会」が18日に静岡県庁で開かれ、終了後の取材に座長の難波喬司・静岡県副知事は「台風通過後、現場を見た。海水をかぶっていて、希少なマツがやられてしまう恐れがある」と語った。岡村渉・静岡市文化財課長は「海水をかぶったことで枯れ、切らなくてはならないマツは今後、増える恐れがある」と述べた。【山田英之】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです