メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「四国新幹線を軸にした交通網に」 JR四国など参加し懇談会

JR四国の半井真司社長(左手前)の説明を聞く各県知事ら=徳島市内で2019年10月18日、山口桂子撮影

 四国の公共交通のあり方について議論する懇談会が18日、徳島市内で開かれ、四国新幹線の導入を骨格とした中間整理案がまとまった。新幹線を軸に鉄道やバスなど他の交通機関との連携を強化することで交通網を維持する将来像が示され、今後、県別に具体的な議論が進められる。

 今回で5回目となる懇談会には、JR四国の半井真司社長や各県知事、有識者らが参加した。今後の検討課題や方針が示された中間整理案では、JR四国の経営と交通ネットワークのあり方の議論を切り分けて進めると明示。ICT(情報通信技術)を活用し、多様…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです