メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋祭り恒例行事を変更 子ども太鼓台で即位奉祝へ 愛媛・四国中央

秋篠宮家の長男悠仁さまが誕生した2006年の奉祝運行の様子=伊予三島秋祭実行委員会提供

 愛媛県四国中央市の「伊予三島秋祭り」で22日に行われる予定だったメイン行事「統一かき比べ」が取りやめとなった。天皇陛下が即位を宣言する「即位礼正殿の儀」と日程が重なったため。「太鼓台」と呼ばれる山車を担ぎ上げる男衆の熱気と勇壮さで人気だが、同祭実行委員会は歴史的な瞬間を厳粛に迎えるため中止とし、代わりに地域の計19台の太鼓台を勢ぞろいさせて即位を奉祝する。

 統一かき比べは毎年祭りの中日の10月22日に行われていた。正殿の儀の日程が決まった後、同祭実行委員会は神社や自治会、青年団、有識者などに意見を求め協議を重ね、「神事としての祭り」を重視し「統制」を主題とすることを決めた。三島地区と近隣の寒川・豊岡地区とが合同し、2003年の市町村合併前最後の秋祭り以来16年ぶりに19台の太鼓台を集結させる。

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです