メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

優生社会を問う

新たな命を選ぶ/1(その2止)無認定施設広がる構図 NIPT世界で6000億円市場

新型出生前診断(NIPT)で海外の検査企業と国内の医療機関を仲介する企業を起こした栗原慎一さん=東京都港区で2019年6月28日午後8時12分、千葉紀和撮影

 日本産科婦人科学会(日産婦)の指針に反し、新型出生前診断(NIPT)を実施する無認定施設。もう一方で施設を束ねているのが、ジャスダック上場のインテリア商社・五洋インテックスが2年前に子会社として設立したキュアリサーチ社(東京都中央区)だ。

仲介業者「何ら法的問題ない」

 本業のカーテン販売事業とは無関係だが、新たな収益源としてNIPTに着目した。投資家向けの開示資料には、新事業のリスクとして「マスメディア等からの批判は予想される」と指針違反などの問題点を挙げながら、「何らの法的問題もない」と強調している。

 これまでに10近い医療機関と海外の検査会社を仲介してきたが、宣伝費増加や他施設の参入で期待ほど利益…

この記事は有料記事です。

残り2603文字(全文2907文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  4. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

  5. 香港理工大、事実上制圧状態に 拘束5000人 米民主化支援法案歓迎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです