メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「即位礼正殿の儀」で伝統的装束の着付けを支える「衣紋道」

上皇さまが即位された時の黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)(左)と十二単=東京都中央区で2019年4月3日午前11時8分、小川昌宏撮影

 22日に皇居・宮殿で行われる「即位礼正殿の儀」では、即位を内外に宣言される天皇陛下や男性の皇族方が「束帯」、皇后雅子さまや女性の皇族方は「十二単(ひとえ)」を身に着ける。ただ、伝統的な装束は一人では着られない。厳かな儀式を陰で支えるのは「衣紋道(えもんどう)」と呼ばれる着装(着付け)技術を習得した人たちだ。

 東京・霞が関の「霞が関ビルディング」34階。旧華族家の男性当主らでつくる一般社団法人「霞会館」を訪…

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 元農水次官、長男殺害で懲役6年の実刑判決 東京地裁

  4. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  5. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです