メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沿道ビル、祝賀イベント、鉄道やバス、郵便局…パレード日程変更、どう対応?

天皇陛下の即位を披露するパレード「祝賀御列の儀」のリハーサルが行われ、皇居を出発する車列=東京都千代田区で2019年10月6日午前7時2分、佐々木順一撮影

 22日に予定されていた天皇陛下の即位に伴うパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」が延期され、準備を進めてきた民間企業や交通機関が対応に追われている。日程変更で交通規制の範囲が変わるが、23日を含めて交通の乱れや宅配の遅れが見込まれる。パレードがある11月10日にも影響は広がりそうだ。

 パレードは中止されたが、「即位礼正殿(せいでん)の儀」と祝宴「饗宴(きょうえん)の儀」は皇居・宮殿で行われる。警視庁によると、皇族方や海外からの賓客といった要人の移動に伴う警備のため、今月22日は午前10時ごろから終日、23日は正午ごろ~午後11時ごろに首都高速道路の一部が通行止めとなる。両日とも皇居周辺などの一般道が断続的に規制される。

 都心でビルを管理する三菱地所プロパティマネジメント(千代田区)は、警視庁からの要請を受け、パレード…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1097文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 天気 東京、今年は「木枯らし1号」ない冬に 39年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです