メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発延長認可取り消し訴訟、弁護団らがクラウドファンディングで費用募る

支援を呼びかけるクラウドファンディングのホームページ画面

 運転開始から40年以上がたった関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)と美浜原発3号機(同県美浜町)を、さらに20年運転させる原子力規制委員会の延長認可の取り消しを求める訴訟を続けるため、原告弁護団(事務局・名古屋市)らがインターネットで支援金を募る「クラウドファンディング」(CF)を始めた。弁護団によると、全国の原発訴訟では初の試みという。

 愛知や福井、京都などの原告計184人が2016年4月以降、名古屋地裁に相次いで提訴。「事故が起きれ…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

  3. 相模原殺傷被告、障害者排斥の主張変えず 「死怖い」極刑は恐れ

  4. JAつくば市の子会社、ベトナム人実習生に上限超え労働 最長は月180.5時間

  5. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです