メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原発延長認可取り消し訴訟、弁護団らがクラウドファンディングで費用募る

支援を呼びかけるクラウドファンディングのホームページ画面

 運転開始から40年以上がたった関西電力高浜原発1、2号機(福井県高浜町)と美浜原発3号機(同県美浜町)を、さらに20年運転させる原子力規制委員会の延長認可の取り消しを求める訴訟を続けるため、原告弁護団(事務局・名古屋市)らがインターネットで支援金を募る「クラウドファンディング」(CF)を始めた。弁護団によると、全国の原発訴訟では初の試みという。

 愛知や福井、京都などの原告計184人が2016年4月以降、名古屋地裁に相次いで提訴。「事故が起きれば関西圏だけでなく偏西風の影響で風下の中京圏にも被害が出る」などと訴える。40年を過ぎてさらに延長が認められた老朽原発の廃炉を目指す全国初の訴訟として注目されている。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  3. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです