メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン飛行か、関空滑走路を一時閉鎖 2便中部空港へ、39便遅れ

関西国際空港=2019年3月2日、本社ヘリから小出洋平撮影

[PR]

 関西国際空港は19日、空港周辺の上空にドローンのような飛行物体が確認されたことから、午後8時45分ごろから約40分間、滑走路全てで離着陸が制限された。

 国土交通省によると、19日夜、関空に到着した中華航空の航空機から「ドローンのようなものが飛行している」と管制塔に連絡があった。関空を運営する関西エアポートが確認をしたが、飛行物体は周辺には見当たらなかった。安全が確認されたとして同日午後9時20分ごろに運用を再開した。

 国交省によると、この影響で2便が中部空港にいったん着陸したほか、39便に遅れが出た。【野田樹】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  3. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 京都成章6大会連続の花園 京都工学院降しV 高校ラグビー

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです