高校野球、九州地区大会が開幕 決勝は24日予定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
選手宣誓する佐賀学園の堤涼生主将=佐賀市のみどりの森県営球場で2019年10月19日午前9時26分、黒澤敬太郎撮影 拡大
選手宣誓する佐賀学園の堤涼生主将=佐賀市のみどりの森県営球場で2019年10月19日午前9時26分、黒澤敬太郎撮影

 来春の選抜高校野球大会の出場校を選ぶ参考資料となる第145回九州地区高校野球大会が19日、佐賀市のみどりの森県営球場と佐賀ブルースタジアムで開幕した。各県大会を勝ち上がった上位2校の計16校が出場し、熱戦を繰り広げる。決勝は24日の予定。

 開会式はみどりの森県営球場であり、佐賀学園の堤涼生(りょう)主将(2年)が「先輩方が築き上げてきた伝統を胸に、最後の一球まで熱くプレーすることを誓います」と選手宣誓した。

 一方、第54回九州地区高校軟式野球大会は20~22日、佐賀県嬉野市のみゆき球場で開催される。【黒澤敬太郎】

あわせて読みたい