「私の人生最高の瞬間を捉えている」 民族と宗教を超えた男女の初恋を描いたマレーシア映画「細い目」主演、シャリファ・アマニさんインタビュー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「細い目」で、オーキッドを演じるシャリファ・アマニさん(左)と、ジェイソンを演じるン・チューセンさん
「細い目」で、オーキッドを演じるシャリファ・アマニさん(左)と、ジェイソンを演じるン・チューセンさん

 2009年に51歳の若さで急逝したヤスミン・アフマドさんは、日本で最も多くの映画ファンに愛されているマレーシアの映画監督であろう。マレーシア・アカデミー賞でグランプリを含む6部門を独占し、第18回東京国際映画祭(TIFF)でも最優秀アジア映画賞を受賞したヤスミン監督の「細い目」(04年)が、マレーシアでの公開から15年の時を経て日本で公開されている。金城武が大好きなマレー系の少女・オーキッドと、屋台で海賊版の香港映画のビデオCDを売る中華系の少年・ジェイソンが恋に落ちるラブストーリーだ。「より多くの日本の皆さんに見てもらえるのは、とてもうれしい」。同作でデビューしたマレーシアの人気女優、シャリファ・アマニさん(33)は、映画で演じる“オーキッド”と同じチャーミングな笑顔で語った。【西田佐保子】

この記事は有料記事です。

残り2573文字(全文2925文字)

あわせて読みたい

ニュース特集