メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋風浴びてフーヌイユ 国頭宜名真で干物作り/沖縄

伝統漁法で水揚げされたフーヌイユ(シイラ)を日干しする男性=18日午前、国頭村の宜名真漁港(大城直也撮影)

[PR]

 日干しの光景が秋の風物詩として知られる国頭村宜名真区のフーヌイユ(シイラ)漁が始まっている。宜名真漁港では18日早朝から、額に汗を浮かべて干物作りに精を出す住民らの姿が見られた。

     宜名真区ではシイラを「フーヌイユ(運のある魚)」と呼ぶ。漁は北風が吹く10月から始まり、日干しは11月中旬にかけて行われる。

     干物は11月24日に同所で開催される「フーヌイユまつり」で販売される。宜名真区長の山入端立全さんは「昨年よりも出来は良い。伝統の味を楽しんでもらいたい」と多くの来場を呼び掛けた。(琉球新報)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

    2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

    3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

    4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

    5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです