メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それゆけ!体験隊

ボルダリング また登りたくなる達成感 姿勢や体重移動にコツ /岐阜

懸命に「7級」の壁に挑戦する渡辺記者=岐阜県大垣市和合本町の「ひょうたん島」で

 今から鍛えても、2020年東京五輪・パラリンピックに私が出るのは無理だ。だが、競技を楽しむことはできる。子どもから大人まで幅広い世代に人気の「ボルダリング」を体験しようと、大垣市和合本町の「ひょうたん島大垣店」(山田耕慈代表)を訪ねた。【渡辺隆文】

 東京五輪から正式種目となるスポーツクライミングの中の一競技だ。壁に設けられたホールド(突起物)だけを頼りによじ登る。

 店の壁は高さ約4メートル。ホールドは大小さまざまで、指でつかみやすいものや握力だけで体を支える球体のようなものもある。9級~初段の10段階に応じ、色が異なるビニールテープがホールド下に貼られている。ホールドの位置は自在に変えられ、コースは無限だ。

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1092文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  5. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです