メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上野天神祭 にぎわう旧城下町 「足揃の儀」は中止 鬼体験、お面も展示 楼車「桐本」を披露 伊賀 /三重

鬼行列で鬼が持つ木製の斧を持ち上げる女性(右)=三重県伊賀市上野紺屋町で、久木田照子撮影

 ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産「上野天神祭のダンジリ行事」は19日、雨の影響で予定行事の一部が取りやめられたが、伊賀市の旧城下町の各町では、楼車(だんじり)を引いたり、観光客らに祭りを紹介したりと盛り上げていた。【久木田照子】

 各町ではこの日、20日の巡行に備えて鬼行列と楼車が進む「足揃(そろえ)の儀」が予定されていたが、雨天で中止された。

 鬼行列を担う4町のうち、上野紺屋町では、観光客らが鬼の動きを体験した。木製の大きな斧(おの)を初め…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 拳銃強奪事件 重傷の古瀬巡査が職場復帰 大阪・吹田

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです