メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

彩人旬人

鳥羽・生浦湾の養殖事業者 山本善幸さん(47) /三重

カキの稚貝、自前で採取

 カキ養殖の県内最大産地、鳥羽市浦村町の生浦(おうのうら)湾で、養殖事業者の山本善幸さん(47)が、カキの稚貝を湾内で採取する「自前調達」に取り組んでいる。同湾ではすべての稚貝を宮城県から購入していたが、2011年の東日本大震災で調達が危ぶまれたため、自前調達が大きな課題となっている。養殖事業者でつくる「浦村種見(たねみ)研究会」の代表でもある山本さんは、「今年は3年ぶりに稚貝が採取できた。まだ1割程度に過ぎないが、もしもの時に備え、全量を自前で確保できるようにしたい」と意気込んでいる。【林一茂】

 東日本大震災による津波は生浦湾にも押し寄せた。高さ1・8メートル。1250台の養殖いかだの固定アン…

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1207文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです