メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害時、漁港復旧支援で協定 由良町と東京の社団法人 /和歌山

協定書に調印した畑中雅央町長(右)と宇賀神義宣理事長=和歌山県由良町役場で、山本芳博撮影

 由良町は管理する漁港や海岸などの施設が自然災害で被災した際、復旧を支援してもらう協定を一般社団法人・水産土木建設技術センター(東京)と結んだ。復興に向けた補助金の申請に必要な関係資料作成などの業務をしてもらう。

 同センターは農林水産相の認可により設立された建設コンサルタント。漁港漁場整備事業の技術…

この記事は有料記事です。

残り215文字(全文365文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです