絵本で自殺予防教育 作家、夢ら丘さん出前授業 /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
絵本「カーくんと森のなかまたち」を朗読する作者の夢ら丘実果さんと、聴き入る子どもたち=和歌山市手平2の和歌山ビッグ愛で、黒川晋史撮影
絵本「カーくんと森のなかまたち」を朗読する作者の夢ら丘実果さんと、聴き入る子どもたち=和歌山市手平2の和歌山ビッグ愛で、黒川晋史撮影

 若者の自殺予防教育に取り組む絵本作家、夢(む)ら丘実果さんらが19日、和歌山市手平2の和歌山ビッグ愛で、市内二つの児童養護施設の児童約20人に出前授業をした。自身の絵本を読み聞かせ、命の大切さを伝えた。

 国の2018年の統計では、県内の自殺死亡率(人口10万人あたりの自殺者数)は全国ワースト1位の21・2だった。全国では小中学…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

あわせて読みたい

注目の特集