メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しまねの高校探訪

隠岐水産/浜田水産 /島根

隠岐水産 2力士を輩出

 1907(明治40)年に西郷町外11村組合立甲種隠岐商船学校として開校。54(昭和29)年に県立隠岐水産高になった。「水高(すいこう)」や「隠岐水(おきすい)」と親しまれ、同窓会は「蹴浪会(しゅうろうかい)」。

 卒業生では、9月の大相撲秋場所で優勝争いをした隠岐の海のほか隠岐の富士もいる。両力士が所属する八角部屋は毎年7月に同校の土俵を使い、約1週間の合宿を行う。

 作詞家の宮田隆は1964(昭和39)年の前回東京五輪で「東京五輪音頭」を作詞した。国際基督教大(I…

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1073文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです