メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU離脱協定 英下院、採決先送り 政府、次週再提出

 英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、英政府は19日、同日下院で採決を予定していたEUとの離脱協定を取り下げ、21日からの週内に離脱関連法案の形で出し直す方針を決めた。直前に協定の下院承認を保留する動議が可決されたため。動議可決により、離脱期限延期法に基づき、ジョンソン首相には19日中にEUへの離脱期限延期を要請する義務が発生した。離脱協定は英国とEUが合意した新たな離脱条件を盛り込んだもので、可決されれば、この日に協定に基づく「秩序ある離脱」の実現がほぼ確実となるはずだった。

 9月に野党主導で成立した離脱延期法は19日までに下院が協定を可決できなかった場合、首相が来年1月ま…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1113文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです