メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ、攻撃再開警告 クルド側に撤退迫る

 トルコのエルドアン大統領は18日、米国との間で17日に合意したシリア北部での5日間の戦闘停止について、クルド人勢力が国境付近の「安全地帯」から5日以内に撤退しなければ「より断固とした形で」攻撃を再開すると警告した。AP通信などが伝えた。

 エルドアン氏は、撤退を要求しているクルド人武装組織「人民防衛隊」(YPG)を「テロ組織」と強調。国境のシリア側でイラク国境まで延びる「東西440キロ、幅32キロ」を安全地帯と設定し12カ所の監視所を設ける考えを示した。

 ただ、米国との合意では安全地帯の範囲に触れておらず、クルド側はより狭い範囲からの撤退を主張。米当局…

この記事は有料記事です。

残り806文字(全文1085文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  2. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  3. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  4. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  5. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです