メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

令和の新鹿鳴館精神 日本の伝統文化発信=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授

=宮間俊樹撮影

小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授

 1880年代に日本の「西洋化」のシンボル的存在だった鹿鳴館は、政府のいわば迎賓館だった。事実、「鹿鳴」とは、詩経にある客を招いて詩歌を吟ずるなど、社交の集い、あるいは客を招く「迎賓」を意味する言葉である。

 今日、東京・赤坂には国の迎賓館があり、国賓の宿泊に用いられてはいる。だが、かつての鹿鳴館とは異なり、ここで華やかな夕食会が開かれることはまれである。外国の賓客を招いての華麗な宴席となると、むしろ宮中や官邸の晩餐(ばんさん)会がそれに当たるといえよう。そこでは、今もってある意味では鹿鳴館の伝統が生き続けている。

 鹿鳴館の伝統とは、外に向かっては日本の西洋化が進んでいることを示し、内に向かっては日本社会の洋風化…

この記事は有料記事です。

残り1418文字(全文1751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです