メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IAEA事務局長選 米欧支援候補一騎打ち イラン核で対立

IAEA事務局長選の候補者演説会に臨むラファエル・グロッシ氏(左)とコルネル・フェルータ氏=ウィーンで2019年10月2日午前10時26分、三木幸治撮影

 国際原子力機関(IAEA)の天野之弥前事務局長の死去に伴う事務局長選が21日、投票される。イラン核合意を離脱し、イランに強硬姿勢をみせる米国が支援する候補者と核合意維持を狙う欧州諸国が支援する候補者による事実上の一騎打ちになるとみられる。選挙結果は、今後のイラン核施設への査察などに影響を与える可能性がある。

 事務局長選には4氏が立候補。35カ国で構成されるIAEA理事会は15日に予備投票を行い、在ウィーン…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです