メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ「絆」駅伝2019 日・インドネシア、2400人がたすき 広がる笑顔、深まる友好

スタート直前に談笑する元五輪ランナーの尾崎好美さん(中央)とアイドルの仲川遥香さん(左)=岩崎日出雄撮影

 日本とインドネシアの友好を深めるスポーツイベント「ジャカルタ『絆』駅伝2019」が9月15日、ジャカルタ中心部のグロラ・ブンカルノ競技場の敷地内で開かれた。地元の日系企業・団体などで働く日本人とインドネシア人が4人1組の混成チームを作り、昨年より200チーム多い600チーム(2400人)がたすきをつないだ。国や文化の違いを越えて練習やレース本番、応援を通じて絆を育む今年で6回目の取り組みは、当地の名物イベントに成長し、セレモニーだけでも約5000人が参加した。【ジャカルタで岩崎日出雄】

 大会は今年も、日本政府が推進するスポーツを通じた国際貢献・交流事業「SPORT FOR TOMOR…

この記事は有料記事です。

残り1952文字(全文2248文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  5. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです