メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

第75期本因坊戦最終予選決勝 鈴木伸二七段-許家元八段 第4局の2

着実な鈴木

 両者の決勝まで勝ち上がりを辿(たど)ってみよう。碁聖位を保持していた許は最終予選にシードされ、六浦雄太七段、中野寛也九段と中部勢を破った。鈴木は予選Aで2連勝し、最終予選で張瑞傑三段と前期リーグ陥落者の安斎伸彰七段を降した。対戦成績は鈴木が先輩の貫禄で3連勝したあと、直近は許が2連勝している。

 局後、鈴木は黒25のボウシを指さして「どうでしたか?」と許に問いかけた。白26から32までは注文ど…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです