メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

台風被災地、復旧支援へ準備

=NPO法人レスキューストックヤード提供

 東日本を中心に大きな被害を出した台風19号の被災地では、一日も早い生活再建に向け、住まいの復旧が急がれている。ボランティアの受け入れを始める自治体も出てきた。被災地でボランティアが復旧作業をする際の注意点をまとめた。

 ●ボランティア募集

 被災地は広範囲にわたるがそれぞれ地元の社会福祉協議会によってボランティアセンターの開設が進んでいる。全国社会福祉協議会(全社協)によると、18日現在で約100市区町村に設置され、ボランティア受け入れに取り組んでいる。全社協は参加する前に、各被災地の状況の確認▽十分な装備▽ボランティア保険の加入――を求めている。

 台風で堤防が決壊したのかどうかなどにより、各地で被害状況は異なるため、求められるボランティアの規模…

この記事は有料記事です。

残り1167文字(全文1493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです