メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

台風被災地、復旧支援へ準備

=NPO法人レスキューストックヤード提供

 東日本を中心に大きな被害を出した台風19号の被災地では、一日も早い生活再建に向け、住まいの復旧が急がれている。ボランティアの受け入れを始める自治体も出てきた。被災地でボランティアが復旧作業をする際の注意点をまとめた。

 ●ボランティア募集

 被災地は広範囲にわたるがそれぞれ地元の社会福祉協議会によってボランティアセンターの開設が進んでいる。全国社会福祉協議会(全社協)によると、18日現在で約100市区町村に設置され、ボランティア受け入れに取り組んでいる。全社協は参加する前に、各被災地の状況の確認▽十分な装備▽ボランティア保険の加入――を求めている。

 台風で堤防が決壊したのかどうかなどにより、各地で被害状況は異なるため、求められるボランティアの規模も異なっている。募集の対象を、地元自治体や近隣住民に限るケースがあるため注意が必要だ。各地の募集状況は全社協のサイト(https://www.saigaivc.com)で確認でき、各災害ボランティアセンターのサイトへのリンク先も載っている。参加前に連絡を必要とするセンターもある。

この記事は有料記事です。

残り1027文字(全文1493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです