メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 (中央公論新社・950円)

 8月末に池内紀が亡くなった。『中央公論』11月号には、息子の池内恵が「書き手としての父 池内紀の死」を寄稿している。

 父は、幼い頃にその父を亡くしており、思春期から学生時代に長兄と母を亡くしている。「父は一生を通じてこれらの人々への弔辞を書いていたようなもの」であり、そ…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文320文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです