メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来への手紙プロジェクト

「白血病」になったハルヤ君へ(心配性のばあばさん)

 可愛い盛りの3歳のハルちゃんが「白血病」で入院して2カ月が過ぎました。じいじとばあばは病名を聞いたとき、頭はまっ白、悪夢をみているのかと思いました。風邪だと思っていたのに、様子がおかしく血液検査をしたら、即入院。

 つらい検査の1週間。化学療法とステロイド剤の治療で、白血球の値が落ち着き、一時退院したら今度は40度の熱が10日間上がり下がりし、治療は一時中止。原因がはっきり分からず、じいじもばあばも随分心配したけど、ママは何倍も心配し、泣いていました。

 今は熱も下がり、笑顔を見せてくれているけど、ステロイド剤の影響で顔はむくみ、化学療法や骨髄の検査の…

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文871文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです