メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク7-2巨人(その1) タカ、本拠地13連勝

【ソフトバンク-巨人】七回表巨人2死二、三塁、重信を見逃し三振に仕留め、ガッツポーズするソフトバンクの先発・千賀=ヤフオクドームで2019年10月19日、津村豊和撮影

千賀、上位打線ピシャリ

 ソフトバンクの千賀が7回3安打1失点でエースの役目を果たした。1~4番を無安打にねじ伏せる快投。「頭(初戦)が取れたのはうれしい」と素直に喜んだ。

 1点リードで迎えた六回。先頭の2番・坂本勇を低めの直球で二ゴロに仕留めると、次は交流戦で打ち込まれた丸だ。

 前の2打席はカットボールなどを駆使して全球内角攻め。一転、この打席は外角直球から入り、追い込んだところで158キロの内角直球で空振り三振。「今後もあるので話せない」と詳細の説明は避けたが、コース、球種をフルに使って、好打者にまともなスイングをさせなかった。4番の岡本は簡単に右飛に打ち取り3者凡退。1~4番に出塁を許したのは、亀井と丸の四球だけ。相手打線の流れを断ち切った。

 日本シリーズで3年連続初戦の先発を務めるのは、1969年から4年連続の堀内恒夫(巨人)、76~78…

この記事は有料記事です。

残り1036文字(全文1413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  3. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです