メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク7-2巨人(その2止) 勝負どころG投壊

【ソフトバンク-巨人】二回裏ソフトバンク1死二塁、グラシアル(奥)に逆転2ランを許した巨人の先発・山口=ヤフオクドームで2019年10月19日、津村豊和撮影

 ソフトバンクが2桁安打で大勝。二回にグラシアルの2ランで逆転。六回、中村晃の犠飛で1点、七回は牧原と柳田の適時打などで4点を加えた。巨人は二回に阿部のソロで先制したが、その後は千賀に抑えられ、救援陣も踏ん張れなかった。

3冠山口、初舞台で自滅

 日本シリーズ初登板は負け投手という、あまりにも悔しいデビューとなった。最多勝、最高勝率、最多奪三振のセ・リーグ3冠投手の巨人・山口が6回5安打3失点。ソフトバンクの勢いを食い止められなかった。

 「状態は悪くなかった」という。ただ、勝負どころで踏ん張れなかった。1―2の六回は、自滅に近い形での…

この記事は有料記事です。

残り1402文字(全文1670文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです