メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GSOMIAを継続 韓国が日本に伝達
令和・即位の礼

平安の技継承「衣紋道」 重い装束、手早く美しく

上皇さまが即位された時の黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)(左)と十二単=東京都中央区で、小川昌宏撮影

 22日に皇居・宮殿で行われる「即位礼正殿の儀」では、即位を内外に宣言される天皇陛下や男性の皇族方が「束帯」、皇后雅子さまや女性の皇族方は「十二単(ひとえ)」を身に着ける。ただ、伝統的な装束は一人では着られない。厳かな儀式を陰で支えるのは「衣紋道(えもんどう)」と呼ばれる着装(着付け)技術を習得した人たちだ。

 東京・霞が関の「霞が関ビルディング」34階。旧華族家の男性当主らでつくる一般社団法人「霞会館」を訪…

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 新潟・女児殺害 被告に死刑求刑 新潟地裁

  4. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです