メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ攻撃再開警告 国境付近「クルド側撤退を」

 トルコのエルドアン大統領は18日、米国との間で17日に合意したシリア北部での5日間の戦闘停止について、クルド人勢力が国境付近の「安全地帯」から5日以内に撤退しなければ「より断固とした形で」攻撃を再開すると警告した。AP通信などが伝えた。

 エルドアン氏は、撤退を要求しているクルド人武装組織「人民防衛隊」(YPG)を「テロ組織」と強調。国境のシリア側でイラク国境まで延びる「東西440キロ、幅32キロ」を安全地帯と設定し12カ所の監視所を設ける考えを示した。

 ただ、米国との合意では安全地帯の範囲に触れておらず、クルド側はより狭い範囲からの撤退を主張。米当局者も、戦闘は東西約120キロの間で行われていたとしてトルコ側との食い違いを見せている。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文1014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選択的夫婦別姓を阻む者たちへ

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  4. ワクチン接種割り込み、スペイン軍トップが辞任 優先順位に反し

  5. バスマットから考えるアスベスト問題 「静かな時限爆弾」が身近に潜む脅威 石綿が規制をすり抜けた内幕は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです