メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク7-2巨人 山口自滅、巨人投壊

 ソフトバンクが2桁安打で大勝。二回にグラシアルの2ランで逆転。六回、中村晃の犠飛で1点、七回は牧原と柳田の適時打などで4点を加えた。巨人は二回に阿部のソロで先制したが、その後は千賀に抑えられ、救援陣も踏ん張れなかった。

六回単調、暴投恐れ 救援陣にも連鎖

 日本シリーズ初登板は負け投手という、あまりにも悔しいデビューとなった。最多勝、最高勝率、最多奪三振のセ・リーグ3冠投手の巨人・山口が6回5安打3失点。ソフトバンクの勢いを食い止められなかった。

 「状態は悪くなかった」という。ただ、勝負どころで踏ん張れなかった。1―2の六回は、自滅に近い形での…

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです