メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

19日、ロンドンで英EU離脱に反対して議会周辺を埋め尽くすデモ=AP

 英国の欧州連合(EU)離脱の行方を決定づける「スーパーサタデー」(英メディア)として注目された19日の英下院は、突如浮上した「承認保留」の動議可決で、焦点の離脱協定について採決を行わないまま終わった。ジョンソン首相がEUとまとめた協定に徐々に支持が集まる中、残留派を多数抱える最大野党・労働党の議員らが土壇場で「待った」をかけた。ジョンソン氏は公約とする10月末の離脱をあきらめず、21日にも改めて承認を目指すが、反対派が勢いづく可能性もある。

この記事は有料記事です。

残り1843文字(全文2066文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです