メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「45年にはGDPで世界トップ5入り」インドネシア・ジョコ大統領2期目

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領=武内彩撮影

 4月の大統領選で再選されたインドネシアのジョコ・ウィドド大統領(58)の2期目の就任式が20日、ジャカルタの国会議事堂で行われた。就任演説でジョコ氏は「インドネシアは中所得国のわなから抜け出し、2045年には国内総生産(GDP)で世界のトップ5入りを果たす」と力強く述べた。任期は5年で、3選は禁止されている。

 ジョコ氏は2期目の課題として、さらなるインフラ整備、人材や輸出産業の育成などを挙げている。また、首…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです