釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
打ち解けた様子で語り合う久喜さん一家と外国人宿泊者たち=釜石市の久喜さん宅で
打ち解けた様子で語り合う久喜さん一家と外国人宿泊者たち=釜石市の久喜さん宅で

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)の岩手・釜石開催は台風の影響で13日のカナダ―ナミビア戦が中止になった。釜石市民からは「仕方ないけど残念」と落胆が漏れたが、「イベント民泊」で外国人観戦客の宿泊に自宅を提供した一家からは「交流できてよかった」という声が聞かれた。【日向米華】

 イベント民泊とは、大きなイベント開催時に宿泊施設の不足が見込まれる場合、一般家庭の空き部屋を宿泊場所として貸し出すことができる制度。自治体が実施し、部屋を貸し出したい人は事前に申し込む。

 そのうちの一人、釜石市の歯科医師、久喜薫子さん(43)一家は12日夜、カナダとアイルランド出身の外国人観戦予定客を笑顔で迎え入れた。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文951文字)

あわせて読みたい

ニュース特集