格闘技、アニメ、バスケ…何でもできるスーパーアリーナ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今年9月に開かれたビール祭りの様子。屋外のけやきひろばも使うが、ここはコミュニティーアリーナで、右後ろの巨大な壁が、可動式の「ムービングブロック」=2019年9月14日午後1時46分、株式会社さいたまアリーナ提供
今年9月に開かれたビール祭りの様子。屋外のけやきひろばも使うが、ここはコミュニティーアリーナで、右後ろの巨大な壁が、可動式の「ムービングブロック」=2019年9月14日午後1時46分、株式会社さいたまアリーナ提供

 東京ドームといえば野球のメッカ、埼玉スタジアム2002といえばサッカーの聖地。では、さいたまスーパーアリーナといえば……ひとことでは表せないが、来年の東京五輪のバスケットボール会場で、年末恒例の格闘技のメッカ、夏のアニメイベントの聖地でもあり、大物外国人アーティストらのコンサートも多数開かれる。この「多目的性」こそ大きな魅力だ。【松下英志】

 来年の東京五輪では男女バスケット(5人制)が決勝まで全てこのアリーナで行われ、2006年には世界選手権も開かれた。スポーツでは他にも今年3月と14年にフィギュアスケート世界選手権、06年にバレーボール世界選手権を開催。ボクシングの世界戦は幾度も行われ、11月7日には世界チャンピオン同士が戦う「ワールドボクシングスーパーシリーズ(WBSS)」のバンタム級決勝に井上尚弥選手が登場する。

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1564文字)

あわせて読みたい

注目の特集