津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
スマトラトラ展示場に設置された津波避難棚=わんぱーくこうちアニマルランド提供
スマトラトラ展示場に設置された津波避難棚=わんぱーくこうちアニマルランド提供

 「わんぱーくこうちアニマルランド」(高知市桟橋通6)で、動物を津波から守るため避難棚の設置が進んでいる。展示スペース内の高さ3メートル以上の場所に設け、いざという時に猛獣に駆け上がってもらう。市はふるさと納税制度を利用したクラウドファンディング(CF)を用いた資金調達を始めた。【松原由佳】

 わんぱーくこうちは高知港近くに位置し、3月末現在、約100種類600点の動物を飼育している。市によると、南海トラフ巨大地震の発生時に最大約2・7メートルの津波浸水が予測されている。そこで今年2月、動物の命を守るため、避難棚の設置を始めた。ス…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文669文字)

あわせて読みたい

注目の特集